演奏活動再開のお知らせ…2018年7月のスケジュール

d0239615_11121947.jpg

 雨続きの六月、いかがお過ごしでしょうか。
 家の前の水田ではカエルの大合唱…ここでの暮らしは、自然の中に組み込まれた存在としての小さな自分を教えてくれているようです。

 夏至に向って日照時間も日に日に長くなっている中、夜明け少し過ぎに目覚めて早朝の散歩。昼下がりにギターを弾いている時間は気持ち良いです。
d0239615_11221850.jpg
 さて、演奏・ギター講師の活動が中断しましてご迷惑をおかけしました。特に京成稲毛にある「町のアートスペース」稲毛オープンスタジオ、松戸市のヨークカルチャーセンター八柱に足を運んでくださっていた方々、申し訳ありませんでした。

 自分のギター演奏に関する技能に興味がある、という方は、この世の中でなかなか居ないだろう…そう考えて、遠くで一、二人のクラスでもなるべく対応してきたつもりなのですが、まだ再開の目途は立っていません。もし、質問などありましたら、お名前・連絡先を明記の上でこちらのblog、非通知コメントにご連絡ください。
d0239615_13160539.jpg
 そして演奏活動。有り難いことに各所からご要望もありまして、七月中旬から再開することにしました。

 『音楽で世界を旅する』がテーマのsolo guitar…jazzの即興演奏をベースにして、ワールドミュージック、フォークなど、世界各地の音楽を創作に織り込んでいます。自然豊かな市原市で休養する中で作った『静かな野性』がテーマのオリジナル曲、好きなクラシックギターの曲をアバンギャルドにインプロヴィゼーション展開したもの、など。新しい作風も模索しながらの再開です。

 どうぞ、お楽しみに!!


7/16(月) 京成大久保駅 ビストロ Confit 19:00

〇習志野高校サッカー部出身の店主が切り盛りしている『町のビストロ』は地元の方々で、いつも和気あいあい。今年は特に習志野高校サッカー部が県大会を席巻している様子です。百年前の第一次世界大戦、ドイツ人捕虜から伝来の「習志野ソ-セ-ジ」はもちろん、「鴨の砂肝のコンフィ」など。ビールにもワインにも合う食事と共に、音楽を楽しんでください。アコースティックのソロギター、チップ制です。


7/24(火) JR新八柱・新京成八柱駅 slow coffee 八柱店 17:30

〇私のウクレレ・ギター教室のあった松戸市八柱…小さい頃に過ごした時代、高度経済成長期の面影が残る新京成線沿線のどこか長閑な町並み。その中にある、静かなオーガニックカフェでのイベント(夜の部)30分くらいの演奏、小栗正美(vo.)がゲストです。50名限定、ブッフェに1ドリンク込みで\3.000-。詳細は直接、お店にお問い合わせください。


7/28(土) 京成稲毛駅 稲毛オープンスタジオ 15:00

〇こちら京成稲毛も長閑な町並み…東京湾岸埋め立て前の避暑地・観光地の面影が、稲毛浅間神社を中心にした狭い路地などに色濃く残っています。その中にある『町のアートスペース』稲毛オープンスタジオで、行われるワークショップでの演奏。「紙で作るアコーディオン」ペパニカさんが講師です。参加費は\3.800-。親子で楽しめますので、夏休みの工作にいかがでしょうか。詳細はFacebookページでもお問い合わせできます。


7/28(土) JR千葉・京成千葉中央駅 uni cafe & bar 20:00

〇同じ日の夜はこちら。千葉の繁華街、喧騒の中にあって静かに佇む小さなcafe & bar。軽くワインでも傾けながら、乾いていて心地よく広がる音響も味わってください。昨年のsolo guitarツアーの第一歩は、こちらから…同じく休養から復帰して、富士見町はこちらからスタートです。チップ制ですが、小さなお店ですのでお越しの際にはお電話を。


8/10(金) 京成みどり台駅 珈琲とワインのある暮らし25 19:00

〇こちらもアコースティックギター一本、心地よく響く空間。古い住宅街の中で若いご夫婦が切り盛りしているお店です。オーガニックワインに合う、キッシュやパテ、野菜中心のお惣菜など…房総のアートフェスなど、遠くのイベントに引っ張りだこ。旅回りの私も偶然、お会いすることもありますが、今回はアウェーではなくホームでのイベント。小さなお店ですので、お電話にてご確認ください。


 そして、市原市ではJR内房線姉ヶ崎駅前にある食呑 時代家というお店でたまに演奏を聴いてもらっています。古い木造家屋を移築した、古い木の温もりある音響空間…聴いていて気持ちよくなって眠る方も。もちろん、気骨あふれる店主の作るお料理も美味。お問い合わせの上、是非お越しください。

d0239615_13231132.jpg

[PR]
by kenya-guitar | 2018-06-20 13:41 | スケジュール | Comments(15)
Commented by auldlangsyne4634 at 2018-06-24 14:52
活動再開おめでとう。

疑問も悩みもギターと同じように
しっかり抱きかかえ、おもいっきり
楽しんでくれ。
Commented by kenya-guitar at 2018-06-26 13:35
auldlangsyne4634さん、いつもコメントありがとうございます。
そうですね…一応の再スタートですが自分なりの悩みも抱えたままです(汗)。また活動している間にそれがまた浮かび上がっては消化されるのだろう、と思います。
お会いする日を楽しみにしております‼
Commented at 2018-06-27 22:18
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kenya-guitar at 2018-06-28 15:25
引っ越し屋さん

コメントありがとうございます。そして北海道ツアーでの音楽活動おめでとうございます‼
私は月曜日の午前中…よもや、と思いながら引っ越し屋さんの姿を探してしまいましたが、一日ずれていましたか(汗)。
お互いに健康に気遣いながら、何か良いものを残しましょう。またお会いして話すのを楽しみにしております‼
Commented at 2018-07-26 10:37
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kenya-guitar at 2018-07-26 13:08
引っ越し屋さん、コメントありがとうございます。

Mark Ribotの音楽を聴いたのは高校生の時、27年くらい前でしたか…David Sanbornのアルバムでギター弾いてました。確かに面妖なサウンド、ニューヨークアンダーグラウンドの薫りしますよね。

私も生活を建て直しながら、活動をゆっくり始めています。初めてお会いした時(四年前)、ギターを弾く気力が萎えていました。
でも、引っ越し屋さんが演奏スタイル、ジャンルどころか、楽器まで換えて音楽に関わってきた話をうかがって再起しました。その姿だけでも美しいですよ。

振り返ってみると七転び八起き、で…活動できている時期というのは逆に貴重だな、というのと、沈んだ時期があるからそのキツさを音楽に乗せられるな、と今は思います。

また演奏を聴いてもらえるのを楽しみにしてます‼
Commented by kenya-guitar at 2018-08-02 15:16
引っ越し屋さん、返信遅くなりました。かわらずお過ごしでしょうか。

私の高校の先輩が江川紹子さん、という話。読んでくださいまして、ありがとうございます。ひょっとすると、引っ越し屋さんと同じか一つ上かもしれません。
演奏先で色んな世代の方からお話を聞きます。私は産まれていなかったり、歴史年表などを頼りに思いを馳せる次第です。

考えると「Robert Johnsonがどういう時代にギター弾いていたか」みたく、音楽やっていたからそういう会話の発想する訳で…音楽やっていて良かった、と思えるようになりました。
以前は「音楽やっていても意味ない」とふさぎ込んでましたが、「意味ないから良い」とも思えるようになった。

暑い日が続きますが、ご自愛ください。
Commented at 2018-08-06 12:57 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2018-08-06 17:07 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kenya-guitar at 2018-08-06 20:27
デューク東郷さん
コメントありがとうございます。お陰さまで身体は復調しています。適度に力が入るようになったのか、演奏の調子も良いです。
ただ、生活基盤が移ったこともあり、月に2、3回、里に出て演奏を聴いてもらうペースが続きます。

Hiroーさん
すいません…どっきりカメラかと思いました。退院後に携帯電話をストップしました。ゲゲゲの鬼太郎みたいで申し訳ありません。非公開コメントにお名前と連絡先を書いていただけたら、折り返しご連絡しますし、場合によってはギター抱えて馳せ参じます。

市原市の駅から離れた場所に移ってそろそろ四か月。たまに、街の演奏場所でお会いするかと思いますが、その時にはよろしくお願い申し上げます。

鈴木健也
Commented at 2018-08-07 04:47
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2018-08-07 08:58 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kenya-guitar at 2018-08-07 10:01
引っ越し屋さん

コメントありがとうございます。私も、ですが病院通いも大変かもしれません。焦らず気長に自分の身体と向き合っていきましょう。
珈琲とワインのある暮らし 25(vingt-cinq ヴァンサンク)は、長めの屋号に比べて静かでシンプルな佇まい…引っ越し屋さんも気に入ってくださると思います。高度成長期前半のコンクリート造りの建物は音響も良いです。
ただ、10人お越しいただいて客席もいっぱいなので、お越しの際は電話でご確認ください。

鈴木健也
Commented by kenya-guitar at 2018-08-07 10:04
引っ越し屋さん

そうそう…非公開コメント、でした。
確かに「非通知」だったら、コメントあったかすら分からないですもんね(笑)。

鈴木健也

Commented by kenya-guitar at 2018-08-07 10:08
hiro-さん
そうでしたか。
「僕誰だかわかるかい?」と書いてあったので、「怪人二十面相」かと思いました。
了解しました。近日中にご連絡しますね。

鈴木健也


ギタリスト鈴木健也の雑記帳


by kenya-guitar

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

プロフィール
スケジュール
KENYA MUSIC
ギター
演奏日記
雑記
小説

最新の記事

2018年12月のスケジュー..
at 2018-11-27 12:46
ギター講師の活動と、プロフィール
at 2018-11-14 12:47
2018年11月のスケジュール
at 2018-10-29 14:58
2018年10月末からのスケ..
at 2018-10-18 12:47
2018年9月末からのスケジ..
at 2018-09-27 14:27

画像一覧

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 05月
2017年 04月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 04月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2013年 06月
2013年 05月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月

外部リンク

フォロー中のブログ

田口ランディ Offic...
森のことば、ことばの森
dezire_photo...
世に倦む日日
ペンギン村 村営ハナモゲ美術館

最新のコメント

引っ越し屋さん お..
by kenya-guitar at 18:39
スケジュールアップされま..
by 引越し屋 at 08:15
auldlangsyne..
by kenya-guitar at 12:49
30年か。まだ何とも言葉..
by auldlangsyne4634 at 09:04
引越し屋さん 失礼..
by kenya-guitar at 11:09
たろうさん コメン..
by kenya-guitar at 11:00
引っ越し屋さん ご..
by kenya-guitar at 10:34
引っ越し屋さん 京..
by kenya-guitar at 10:54
みどり台でのライブお疲れ..
by msakai3939 at 10:42
引っ越し屋さん デ..
by kenya-guitar at 15:20

最新のトラックバック

梅雨にも似合う気品ある紫..
from dezire_photo &..
オスマントルコ帝国の栄光
from dezire_photo &..
ローマ帝国・ビザンチン帝..
from dezire_photo &..

メモ帳

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
創作小説・詩