<   2012年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

馬鹿な女

〈猫なで声(名)〉やさしく相手のきげんをとるような声。

「健也さん、私の事…嫌いでしょ?」

とある繁華街、外国人のたまり場になっているBARで向かい合った席に座ったアグネスは唐突に、しかしゆっくりと私に切り出した。声帯が腐っているのではないか、と疑いたくなる甘ったるい猫なで声。本人は頑なに年齢を隠しているが、五十にもなろうという女が出す声ではない…その声自体で私の周りの連中は生理的に受け付け難い嫌悪感をもよおした。普段からJanis Joplinを聴いている様なその連中にとって、一見清純無垢を装ったアグネスの゛カマトトぶりっ子゛の声は受け入れられない周波数だった。しかも白人系の外国人目当てのニンフォマニア…ロシア人、アメリカ人、そして今度はサックスのオーストラリア人Gregoryに手を出した。私の知っている限りで三人。

「どうして?別に嫌いじゃあないですけど」

ダッチワイフ、toilet bowl、させ馬鹿、慰安婦など、外国人連中からありとあらゆる汚ならしい陰口を叩かれながらも、アグネスはそのBARにバブル期に取り残された様なファッション、パンツが見えそうな丈のミニスカートのワンピースでやって来ては男を漁っていた。イタイ女、簡単に言うと周りは皆そう見ている。

「アグネス、って…お子さん二人いるんでしょう?専業主婦で…」

私は質問をはぐらかして切り返すと、アグネスの顔から一瞬血の気が失せた。赤ワインのグラスを持つ手が微かに震える。

「だ…誰から聞いたんですか?」
「いや、Gregoryから…普通に皆に話してましたよ。アイツとヤっちゃった、って事も話していたし…」

アグネスの視線がそのBARの店内を泳いだ。今夜はGregoryがオーストラリアに帰国するフェアウェルパーティー。もちろんGregoryもサックスを演奏するバンドが盛り上がり、日曜日の0:30を過ぎても外国人を含めて20人以上の客がいた。
私はアグネスがこのBARに現れたのをふと思い出していた。昨年のハロウィンの仮装パーティーの前、と言っても私自身Gregoryに誘われて連れて来られて日が浅かったが。アメリカの昔の女優が着る様な背中が大きく開いた純白のワンピースを着て、アグネスって呼んでください、と誰憚る事なく宣った時、否その前から私の中では強い境界線を作っていた。真っ白いカーディガンに黒のミニスカート、ブーツ、ぱっと見たところ年齢が不詳なのに加えてファッションがバブル期でストップしている。その上、ロックBARで強引にジャズを歌おうとする、あの猫なで声、調子外れの音程でだ。時間と空間に適応出来ない勘違いしたヤバい女の印象、それが私の中で拭えきれなかった。ほどなくして外国人連中から、アグネスがその界隈の外国人がたむろする酒場では有名なニンフォマニアだと知らされた。

「それは…私はGregoryの事が本当に好きなんです」

お前が好きなのはGregoryじゃなく、ただのsexだよ、皆がみんなそう思っているし実際そう振る舞っている。

「それでも子供二人いて専業主婦なのは事実でしょ?」

私が答えると、アグネスは軽く声を荒げた。

「プライベートな事は言わないでください。みんなに聞こえちゃうじゃあないですか」
「ここにいるお客さん達知っていますよ。Gregoryが皆に言ってたから…アグネスは専業主婦で中学生くらいの子供二人いる、って」
「だから…プライベートの事は言わないで。みんなに聞こえちゃう。誤解してます。やっぱり私の事、嫌っているでしょ?」

お前はタレント気取りか?どうしようも救い様が無い馬鹿な女だ。プライベートな事だから言って欲しくない、のではなくて、自分がしている事の後ろめたさを思い出したくないから言って欲しくないのを自分で分かっていないのだ。自分のオマンコの事しか考えていないのがよく分かった。別に私はアグネスの貞操観念やモラルを云々する資格など持ち合わせていない。旦那と子供達に隠れてやりたいなら誰とでもやりゃあ良いし、オマンコが好きならそれで良い。あっち行ってやってくれ、ってだけだ。それにお前の事が別に嫌いでもない、好きでは全く無いが…そんな風にしつつも私はただ純粋な乙女で、プライベートは秘密で、って振る舞っているお前みたいなのが同じ生物だと思うと吐き気がする。何種類もの油絵の具をぐちゃぐちゃに混ぜ合わせて出来たどす黒いものが酸っぱい胃液に混じって出てきそうだ。でもお前のやっている事は別に法に触れた犯罪でも何でもない。許されるか許されないかは個人個人の裁量次第ってヤツだ。そんな世の中の空気を吸って生きなきゃならない自分の嫌悪感を掻き立てられるのだ。ただそんなお前をこのまま浮き世に泳がしておいて、あぁぁ、やっぱりな、とか、それがどういう行く末を辿るのかを楽しみにしている残酷な気持ちもあるんだ。それを鳩ぽっぽ以下の脳ミソしか持ち合わせていないお前に理解させてやるのが不可能だと判断したから、別に嫌いではない、そう端的に言ったまでだ。

「ちい姐さんに言われたんですけど、私はもうジャズのジャムセッションでは下手だから歌いません。でも健也さんはジャムセッションを続けていってくださいね」

くださいね、の語尾のところ゛ね゛で上がった。懇願のイントネーションだ。何でお前にそんな事を頼まれなきゃいけねえんだよ、とは思いつつ、最後の最後まで良い子でいたいアグネスの態度に虫酸が走る。お前は何か?泣いた赤鬼か?この場所に居たかったけど皆のために犠牲になって居なくなる、そんな恩着せがましい言いっぷりじゃあねえか。コイツはバブル期に良い思いをし過ぎて思考停止した゛聖子ちゃん゛なのだ。そりゃ、お前だって客だから店主のちい姐さんはやんわり言ったろうよ。でもそれはみんな思っている。そんなに音楽やりたいなら費やすエネルギーの矛先を考えろ。
私はアグネスと向かい合った席に居るのに疲れて、カウンター席に一人立つとアグネスは追いかける様にやって来たが無視し続けた。

「やっぱり…私の事、嫌っているでしょ?」

いつまでもおめでたい女だった。まずは『14才からの哲学』でも読んで自分を見つめ直そうよ。前頭葉を使って…。
[PR]
by kenya-guitar | 2012-07-25 15:28 | 雑記 | Comments(0)

Carole King ゛tapestry゛

〈開封(名・他)〉封をひらくこと。

一昨日、市川にあるニート・引きこもりのNPO法人でのギター講師の仕事から帰る途中、リサイクルショップに立ち寄った。千葉の街道沿いによくある、古着やゲームソフト、CD、DVDやトレーディングカードなど雑多な中古品を扱う大型店舗。いかにもthe千葉、って感じの店。とは言え、中々侮れず、ジャズ系のCDはあまり期待出来ないにせよ洋楽ロック系のCDは豊富に取り揃えてある上、掘り出し物も多い。目的はCarole King゛tapestry゛を安く入手する事だった。このアルバム、いつの間にか自宅から消える事が多く、高校生の頃に一枚目を入手して以来多分三度目。すっごく良いから持って行って聴いてみなよ、忘れているがきっと誰かに貸して戻って来ないんだろうと思う。でもそれはそれで良い音楽である証拠なのだ。ここ最近、その中のある一曲が頭の中で繰り返し流れていてどうしても聴きたい、と思って自宅のCD棚を物色したが見つからず。その店に探しに行ったのだが…。
アルファベット順ではなく、あいうえお順で洋楽が陳列されている商品棚を目で追っていく。その辺りもやはりthe千葉。゛き゛のコーナーにキャロル・キングのCDが並べられていた。が、お目当てのアルバムは見つからず。紙ジャケットの数枚と輸入盤数枚に混ざって゛tapestry revisited ~a tribute to Carole King~゛というタイトルのアルバムを見つけて、30秒程悩んだ末に購入した。Carole Kingのオリジナル盤を、その曲順で色々なアーティストがカヴァーしている内容はアレンジなども興味深い。その店から帰宅する車内、早速開封して聴いていた。実は未だ最初の方しか聴いていないがRod Stewartの歌う゛so far away゛などが心地良かった。しかし、ミルキーな聴き触りのシンセサイザーにちょりんちょりんな音のギター…このアルバムが発売されたのは94年、隠れたオムニバス名盤という事でSHM-CD化されて2010年に再発されたらしい。道理でバブリーなテイスト。

最近the namako grooveで演奏する曲を作ったりしていて、今までやっていなかった様なアレンジが気になる様になった。亡き知人の形見のフォークギターでJames Taylorを歌いながら弾いたり。ギター講師で教えている事が意外と役立ったり。本業では無い、とか言い訳しながらやっている事が案外為になるのに気付いたのは、病気して回り道して転んでも案外ただでは起き上がっていないのを学習したからだろうと思う。
さてと…オリジナルの゛tapestry゛は、これをじっくり聴いた後に探すとするか…。
[PR]
by kenya-guitar | 2012-07-21 03:17 | 雑記 | Comments(0)

真夜中の病院

〈仕置き(名・他)〉①(江戸時代に)みせしめのため、法によって人を処罰したこと。②子どもをこらしめるために取る(きびしい)手段。

ここ最近、ある精神疾患の女性と知り合った。彼女は四十代後半、当初は不眠症と診断されたが今は私と同じ統合失調症らしい。考えてみると、ここ四年くらいでたくさんの精神疾患の人達に会った。

私と同じ歳、両親と同居しつつ二十歳前から障害者手当を毎月貰って車を乗り回し、趣味のプラモデルに金を使いまくる鬱のヤツ。多分、自称゛鬱゛だと思う。ヤツとは駅前の薬局、コンドームコーナーで使っているコンドームの自慢をされた。「えぇえ…健也さん…勃起しないんですか?」そう言えば、ネットのニュースで障害者の射精介助の話題を昨日見たなぁ。抗鬱剤と向精神薬たっぷり飲んで、ドーパミンもセロトニンも絶え絶えになったら…当然、勃たないだろ!ヤツにこそ言ってやりたい「射精は権利ですか?」と。
ニート・引きこもりのNPO法人に通っていた二十歳そこそこのヤツは何とか精神疾患から脱却しようと美術系大学のための予備校に通うために、そのNPO法人から去った。きっと自分にストイックなんだ、と思う。同じように、職業訓練校に入学した二十歳そこそこのヤツもいる。
精神疾患者のためのあるNPO法人に居た、私と同い年のヤツ。そいつは自殺未遂したから片足が不自由だ。家庭環境が複雑で一家離散したはずなのに、生活保護を受けている本人が世帯主の公営アパートに、バツイチの姉と借金取りから追われる老父が寄る辺無き身を寄せている。アイツは本当に頑張っていた。今、何してるかなぁ。
パラノイアにまみれている五十くらいの女性ピアニスト、資産を残した両親故に幸か不幸か精神病院での一生を約束されていた。私には入院中「煙草をくれ」と毎日毎時せがんできたが、壁がオレンジ色の脂臭い喫煙室で話を聞くのが楽しくて(本当は禁じられていたが)煙草をあげていた。
この間、毎月通う精神病院の待ち合い室にいた私のちょっと下のヤツ。入院中、夕食後の薬を飲むと決まってパーキンソン症状を起こして、白眼を剥いて病棟内をたどたどしく歩き回っていた。「ちょっと…ちょっと…彼氏、何か変よ」その時に困った顔で看護師を呼んでいた眼鏡のおばちゃんは何故かある日、私と同じ、隣にある重い扉のVIPルーム(ベッド、机、トイレ付きの窓の全く開かない個室、通称゛お仕置き部屋゛)に鍵を掛けて閉じ込められて…力強く扉を叩きながら夜中遅くまで喚いていた。

出してぇ…出してぇ、出してぇ…出してぇ…出してよぉ~…ねぇねぇ、出してぇ…お願いだからぁ…出してぇ…出してぇ…出してぇ…お願いだから…お願いだから出してぇ…出してぇ…出してぇ…出してぇ…出してぇ…出してぇ…出してぇ…ねぇねぇ、ねぇねぇ、出してぇ…出してぇ…出してぇ…ちょっとぉ~…出してぇ…出してぇ…ちょっと~…出してぇ…出してぇ…ねぇねぇ、ねぇ…出してよぉ~…出してぇ…出してぇ…

そうなんだよな。みんな、今ある状況に、きっとどこかしらでそう思い悩みながら生きているんだろうなぁ。私も同じです。
[PR]
by kenya-guitar | 2012-07-19 02:16 | 雑記 | Comments(0)

天候不順な夜

〈タナトス(名)〉①ギリシャ神話で死を擬人化した神。②フロイトの用語で、生の本能に対する、無機物の不変性に帰ろうとする死の本能(衝動)のこと。

夜にかけて強風と雨で荒れた天気になる、という予報の昨夜、千葉富士見町ANGAで行われた"Long Live Rock"というイベントにKenya Suzuki the namako grooveで参加した。そのライブハウスからすぐ近くにあるロックBAR、toppersが主催の毎月恒例のイベント。他の出演者はナオシアコースティック、ブルースバンドNaughty Boys、千葉では老舗のパブロックバンドLion Heart。ベストとは言えない天候もあり、いつもよりもお客さんは少なかったがそれでも三十人近くいらっしゃった。
the namako grooveでは通算三度目のライブ、あまり対バン形式のイベントに慣れてはいなかった私も前回LODGEの洗礼を受けてか、演奏前の妙な硬さは軽減された。特に何事も経験、という事でオーディエンス側の視点をよく考えた上で、今回は曲順や照明、P.A.を先方と打ち合わせて演奏に臨んだ。結果的に狙いは的中、それらは好評だった。ステージ上でスモークを焚いてギラギラと面妖な色彩の照明を当てる、栄町に身を落として精神に支障を来たした女の踊りにタナトスを感じる…risperidone 5mgのテーマにぴったりだったと一人ほくそ笑んでいる。
Lion Heartのドラマー千鈴さんからは、対バンが良いと触発される、と言ってもらえたのは最大の賛辞だった。

ナオシさん、千鈴さん、シンタロウさんやトニーさん、ツトムさんなど、toppersに集まって来る素晴らしいミュージシャン達から教えてもらった事を自分なりに表現出来たら、という思いは果たせたかなぁ、と思う。洋一さん、直子さん、雄二くんも同じように、皆さん、いつもお世話になっております。

昨夜、悪天候の中でも足を運んでくださった方々、どうもありがとうございました。
[PR]
by kenya-guitar | 2012-07-13 15:58 | 演奏日記 | Comments(0)

七月の演奏予定

ひと月前は色鮮やかだった紫陽花の花弁も、まるで徹夜して充血した眼球の様に赤茶けてきました。とは言うものの未だ梅雨が明けた訳でもなく、この時期にせめて彩りを添えようと紫陽花の花も必死なのかなあ、とか思いながら散歩しています。
今月のスケジュール、色々ある予定の準備に取り掛かろうとしますが、ここのところのんびりモードに馴れきってしまっているからか重い腰が中々上がりません。そろそろ追い込みをかけていきます。

7/12(木) 千葉 ANGA 19:00~ ¥500- プラス 1ドリンク
KENYA SUZUKI the namako groove
鈴木健也(gt.)米田直子(org.)金田洋一(b.)鈴木雄二(ds.)
”long live rock”というイベントに出演させて頂きます。千葉では古くから重鎮のパブロックバンドlion heartや、ブルースバンドとの共演です。

7/24(火) 小岩 back in time 19:30~ ¥1.000-
”小岩ギターサミット”という、ギターとベース限定のジャムセッションホストをさせて頂きます。

7/27(金) 千葉栄町 なんちゃってBAR庭 21:00~ チップ制
KENYA SUZUKI the namako groove
鈴木健也(gt.)米田直子(org.)金田洋一(b.)鈴木雄二(ds.)
namakoの単独ライブです。ソープランド街の外れにある、アンダーグラウンドな雰囲気の店。我々の音楽が空間に溶け合います。

皆さん、是非お越しください。
[PR]
by kenya-guitar | 2012-07-09 14:29 | スケジュール | Comments(0)

二十代と酸っぱい悩み(4)

〈土用干し(名)〉むしぼし。

そうですか、呟いたKは続けた。

「評価しているのは他人、だって言うのに気付いてなかったっす。どうしても自分の尺度で仕事を評価する、って言うか…」

昔観たビデオで矢沢永吉が「もがき続ける二十代、走り続ける三十代…じゃあ四十代は?」肩をすくめてI don't knowのポーズ。本人が四十代に差し掛かった頃の映像だったと思う。自分の立ち位置と社会の狭間で二十代の時期はゆらゆら揺れ動くのが大方なのだろう。然りとて、三十代後半、そろそろ四十代に差し掛かろうという私は別に走り続けている訳でもなかった。うぅぅむ…私達二人、暫く項垂れていた。

Kと別れて帰宅した私は台所の換気扇の下で煙草を吸っていた。酸っぱい悩み、ふと思い出して台所の隅っこにある漬物樽を覗く。やはり…六月初旬に未だ硬い青梅約4.3kgを塩漬けにしたのだが、梅酢が思う様に上がっていなかったのだ。悩ましい…どうにかせねば。ちなみに下は昨年漬けた赤梅。赤シソを投入しつつも土用干しの工程を経ていないために中途半端、未だ梅干しにはなっていない。今年の八月カンカン照りの日に干そうと思う。
d0239615_13543064.jpg
d0239615_13543983.jpg


(終わり)
[PR]
by kenya-guitar | 2012-07-07 13:55 | 雑記 | Comments(0)

二十代と酸っぱい悩み(3)

〈老婆心(名)〉必要以上の親切心。

Kからの問いかけに、あぁぁ、と暫し深く項垂れる私だった。それはいくつになってもある問題だよ、とそれでも答えたのは昂る自意識が協調性を掻き乱した経験が幾度もある自分に対しての戒めを噛みしめていたからであった。が、長い沈黙の後で私は彼に、老婆心ながら、と口を割った。

「良い仕事したい、ってのは誰でも思う事で…俺、そう言えば先輩のミュージシャンからこんな風に言われたわ。すごい人、この場合、音楽的に秀でた人、って言うのは誰とでも音楽を作れる、って。そりゃあ相性、ってのはあるとは思うけどさ。そういう人達は多分、相手の度量を見ながら相手に対峙するって言うかさ…剣道の達人の話、ってしたっけ?まぁ…そりゃ勝負の世界の話だけどさ、いくら体育大出で国体で優勝した人でも剣道の達人には勝てねえってさ。何段か分からないけど体育大出は乗りに乗った二十代後半、達人は六十過ぎのもちろん有段者。構えた瞬間から体育大出は勝てない、って分かるんだってさ。達人に隙が無さ過ぎ、っちゅうか。思ったのはさ…達人は多分、自分が若い時に勝つためにはこうする、とか考えていたのをよく覚えているんだよ。自分の引き出しの中に相手のボキャブラリーがある、って言うかさ。そりゃ勝負の話だから、相手を負けさせるためには、って発想でそうするじゃん?じゃあそうやって一歩能力無いヤツと一緒に音楽やるには?仕事して成果上げるには?って考えたら、一緒に勝とうとするよね?でもやっぱり能力に差があるから…もちろん自分が能力無い場合がある。逆の立場ね。俺はそういう場所に居た方が自分の為になるとは思うけど。でも、良い仕事したいし…じゃあ、どう考えるか、って言ったらdo my bestしか無いけど。ガツガツした欲求は外に発散させるべきじゃない、って思うんだよ。特に仕事上のパートナーに。評価してるのは結局は他人だからさ。自分じゃないんだよな…俺はよくそれを履き違える」

反省に似た、否そのものをKに全部吐き出すと、彼は俯いて頷いた。

(つづく…)
[PR]
by kenya-guitar | 2012-07-02 01:25 | 雑記 | Comments(0)


ギタリスト鈴木健也の雑記帳


by kenya-guitar

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

プロフィール
スケジュール
KENYA MUSIC
ギター
演奏日記
雑記
小説

最新の記事

2017年6月の演奏予定
at 2017-05-28 18:07
2017年5、6月の演奏予定
at 2017-05-18 18:32
駐日ラオス大使館にて
at 2017-05-12 13:39
2017年5月の演奏予定(追加)
at 2017-05-08 19:51
2017年4、5月の演奏予定
at 2017-04-22 19:29

画像一覧

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 04月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2013年 06月
2013年 05月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月

外部リンク

フォロー中のブログ

田口ランディ Offic...
森のことば、ことばの森
dezire_photo...
世に倦む日日
ペンギン村 村営ハナモゲ美術館

最新のコメント

すいません…なんか、上の..
by kenya-guitar at 10:13
引っ越し屋さん コメン..
by kenya-guitar at 22:39
nではなくてmでは?とい..
by msakai3939 at 19:49
店名がmieNchiでな..
by msakai3939 at 19:47
引越し屋さん パソコン..
by kenya-guitar at 18:37
演奏予定をアップ願います..
by msakai3939 at 13:04
こんにちは。 スペース..
by つねさん at 07:36
いしあき 様 京成..
by kenya-guitar at 13:02
shushi さん ..
by kenya-guitar at 01:51
お疲れ様です。5年半使え..
by Shushi at 13:42

最新のトラックバック

梅雨にも似合う気品ある紫..
from dezire_photo &..
オスマントルコ帝国の栄光
from dezire_photo &..
ローマ帝国・ビザンチン帝..
from dezire_photo &..

メモ帳

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
創作小説・詩