ただ今キャンペーン中

〈whopper(名)〉(口)①途方も無く大きいもの。②大うそ。だぼら。

サッカーは「紳士が野獣になるスポーツ」なのだそうだ。日常、紳士に振る舞う男達がフィールド上で野獣になり対峙する、そんなスポーツらしい。逆にラグビーは「野獣が紳士になるスポーツ」で、日常生活で男達は野獣だそうだ。何故こんな話をするかと言うと、昨夜、野獣達と入り交じったからだ。その野獣達は肉に飢えている。

昨夜、越谷レイクタウンにギター講師の仕事に行った帰り道、ハンバーガーチェーン店のBurgerKingに立ち寄った。whoppersというビッグサイズのハンバーガーとポテト、ドリンクのLLセットを注文すると三十分以内おかわりが無料で出来る。つまり、同じハンバーガーを何個食べても良い、というキャンペーン中だったからだ。
夜八時の越谷レイクタウン、そのショッピングモールを歩いていていつも思うが年齢層が低く、女性と言うよりも女の子が多い。ニュータウンに突如建てられたデオドラントな雰囲気の商店街に集まるのは、噎せる様な汗臭い夜の繁華街に集う人種とは全く違う。自分の欲望にオブラートを被せた様にしてショッピングを楽しんでいる人々だ。ところが、そのショッピングモールの中にあるBurgerKingだけは異彩を放っていた。平均体重90kg以上メタボリック(推定)の体格の良い男ばかり。ハンバーガーの包み紙とレシートを手にしてレジの前で我先にと列を作っている。彼らの目当てはもちろん、三十分以内おかわり自由のハンバーガーである。

五分ほど並び、ようやく注文する事が出来た。おかわり自由のLLセット¥860-だ。店員は私の体格を一瞥するやまた来たか、と言った具合。至って事務的に注文に応える。スマイル¥0-のハンバーガーチェーン店とは違い、無理矢理な愛想笑いは全く無い。
やって来たハンバーガーの包み紙を開き口にする。手の平よりやや大きくずっしり重い。中のビーフパティは分厚く、ブラックペッパーの利いた肉の芳香が強い。レタスとオニオンスライス、トマトとピクルスが挟んであって、ケチャップとマヨネーズがかかっている。よく噛んではアイスコーヒーで胃袋に流し込んだ。会社の先輩後輩だろうか、隣にいるネクタイのメタボリックは、もっと食えよ、笑いながら後輩におかわりを勧めている。
私は一個目をあっという間に平らげた。食欲も減衰しないどころか、増している。普通の女性だったらこの時点で腹一杯、人によっては暫くハンバーガーはご免と言ったところだろうか。食べ終わった包み紙とレシートを手にレジへ向かい、メタボリックの列最後尾に二分程並ぶ。席までお持ちします、レジに打刻しながら店員からナンバープレートを渡された。

隣に座る先程の会社帰り二人は何個目を食べ終わったのだろうか、もう無理です、いやまだ食えるだろう、などと言い合っている。笑いながら、だからまだ余裕があるのだろう。私は店員が持ってきた二個目に食らいついた。肉が分厚く、顎の疲れをやや感じるがまだまだ許容範囲だ。しかし、ゆっくり噛み締めながら完食する。もう一個か…一抹の躊躇が私の中に萌芽した。きっとこの時点で腹八分と言ったところだろうが、黙って立ち上がりレジに向かった。

店員が持って来た三個目を受け取った時に、ずっしりとした感触を手に感じた。重さが300gはあるだろうハンバーガー。それを三個とフライドポテト、ドリンクを食したら1kgは体重が増える計算だ。私の体重が約100kgだから、一食で1%増になる。そんな事を考えて一口頬張った瞬間、さっきと何かが違うのに気が付いた。まじまじとハンバーガーを眺めると、チーズが入っている。チーズのトッピングは有料なはずだが他の誰かの注文と間違えたのだろうか?それとも嫌がらせ?
店側としては無料でおかわりを何個もされたら堪ったものではない。例えば、相撲部屋の力士が仲間十人くらいで来店した場合、店は大きく赤字だ。その場合、どうやったら丁重におかわりを断る事が出来るのだろう。今までとは違うトッピングを変化球として入れてやれば、大食いのペースを乱して戦意喪失するに違いない。云わば「引導を渡す」意味でのサプライズなチーズ投入、それ自体黄色いしイエローカードに見えなくもない。次におかわりをした時には、レッドカードに見えるトッピングが入っているのだろうか?満腹感も最高潮に達しようとする中、私はぼぉっとする頭で妙な事を考え始めていた。パラノイアだ。そんなところで三個目を完食。

そこへ携帯が鳴る。友人からだ。何やっているんだ、よく会うBARに最近あまり顔を出さないじゃないか、酔いも回っているのだろう友人は管を巻く様に受話器の向こうでまくし立てる。今はハンバーガーを食べるのに意識を集中させているんだ、悪いがまた後にしてくれ。電話を切るとや椅子にもたれかかって大きく息を吐いた。正直なところ腹一杯、これからもう一個食べるとすると゛仕事゛になる。しかし、先週も同じ様にチャレンジして三個で断念。

迷わず欲望を貫いたヤツだけが突き抜けられる…どこかで聞いた言葉が脳裏を過る。

ヤるか?ヤれるか?それともヤられるか?

私は立ち上がった。残り時間は十分しかない。

レジの前には誰もいない。私一人が突き抜けた。金曜日の夜、越谷レイクタウンに集まったメタボリックの中で抜きん出た存在感を店員に見せ付けたのだ。注文するやレジの脇にあったフライドポテト用ケチャップの小袋(無料)四つを握り締め自分の席に戻る。このままだと完食出来ない。何か別の刺激が欲しい。
そして四個目を手にした店員がやって来る。心なしか彼の手はブルブル震えている様に感じられた。受け取ったハンバーガー、真ん中から開き肉の上に真っ赤なケチャップを四袋ぶちまけた。そしてトマトケチャップでぐちゃぐちゃになったヤツを端からかぶりつく。
「レッドカードを渡される前に、俺からお前達にレッドカードを突き付けてやる!見てみろ!これがその答えだ!」
心の中で私はそう叫んでいた。口の周り、両手はケチャップでベタベタだ。世間からメガロマニアと呼ばれていた人間の全身全霊の雄叫びだ。周りの客達の視線に何となく気付いているが私は無我夢中だ。見ていてきっと気持ちが悪いのだろう。じっと見るんじゃありません、小学生くらいの子供を叱る母親の声が後ろから聞こえた。

そして四個目を完食。ケチャップでベタベタになった口と手をそのままにして完全に弛緩して項垂れていた。思考が停止している。時間の流れが完全に中断して、毛穴からケチャップの溶けた肉汁が吹き出しそうだ。否、最早漏れ出ているかもしれない。座っているテーブルに目をやるとぐちゃぐちゃになってケチャップで汚れた包み紙と空になったアイスコーヒーの紙コップ、フライドポテトの容器が散乱している。私は最後に残っていた一欠片のフライドポテトを口にすると、紙コップに残った氷が溶けたヤツで流し込んだ。
[PR]
by kenya-guitar | 2011-11-12 16:09 | 雑記 | Comments(0)


ギタリスト鈴木健也の雑記帳


by kenya-guitar

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

プロフィール
スケジュール
KENYA MUSIC
ギター
演奏日記
雑記
小説

最新の記事

2017年6月の演奏予定
at 2017-05-28 18:07
2017年5、6月の演奏予定
at 2017-05-18 18:32
駐日ラオス大使館にて
at 2017-05-12 13:39
2017年5月の演奏予定(追加)
at 2017-05-08 19:51
2017年4、5月の演奏予定
at 2017-04-22 19:29

画像一覧

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 04月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2013年 06月
2013年 05月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月

外部リンク

フォロー中のブログ

田口ランディ Offic...
森のことば、ことばの森
dezire_photo...
世に倦む日日
ペンギン村 村営ハナモゲ美術館

最新のコメント

すいません…なんか、上の..
by kenya-guitar at 10:13
引っ越し屋さん コメン..
by kenya-guitar at 22:39
nではなくてmでは?とい..
by msakai3939 at 19:49
店名がmieNchiでな..
by msakai3939 at 19:47
引越し屋さん パソコン..
by kenya-guitar at 18:37
演奏予定をアップ願います..
by msakai3939 at 13:04
こんにちは。 スペース..
by つねさん at 07:36
いしあき 様 京成..
by kenya-guitar at 13:02
shushi さん ..
by kenya-guitar at 01:51
お疲れ様です。5年半使え..
by Shushi at 13:42

最新のトラックバック

梅雨にも似合う気品ある紫..
from dezire_photo &..
オスマントルコ帝国の栄光
from dezire_photo &..
ローマ帝国・ビザンチン帝..
from dezire_photo &..

メモ帳

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
創作小説・詩